読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

P山の育児休暇

男性の育児休暇の日々

頼るな、甘えるな、自分でやれ

育児や家事は、妻と分担してこなしている。

 

料理は私、掃除洗濯は妻。

 

でも、明確に誰がやるか決まっていない仕事もある。

 

例えば、子どものウンチの処理だ。

 

我が家では、ウンチをしたら、清潔さを保つためにお尻をシャワーで洗うことにしている。

 

この仕事が意外と面倒なのだ。

 

ウンチは臭いし、手で触ってしまうこともある。 ズボンとオムツを脱がして、また着させるのも一苦労だ。

 

私も妻もできればやりたくない。

 

でも、誰かがやらなくちゃいけない。

 

子どもがウンチをしたら、私はこう思う。

           妻がやってくれないかなぁ。

 

多分向こうも同じことを思っている。

 

そんな時は、私が率先してやるようにしている。 やりたくないけど。

 

本当は妻がやってほしい。  私はできるだけ楽したい。

 

でもやる。

 

誰かがやってくれるのを待つよりも、自分が率先してやる方が精神的に楽だと思う。

互いに仕事を押し付け合ってたら、仲が悪くなりそうだし。

 

だから、私はやるべきことだと思ったら、妻に頼らず甘えず、自分から積極的に動いていきたい。