読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

P山の育児休暇

男性の育児休暇の日々

ダメなものはダメ part 2

子供たちを保育園から迎えて、家に帰る。

 

長男と長女がじゃれ合って遊んでいる。

 

突然長女が、ものすごく大きな声で泣きだす。

 

長男が、長女の腕を噛んだらしい。  噛まれたところは内出血しており、痛そうだ。

 

私は叱る。

 

ダメでしょ。  噛んだら痛いでしょ。  お姉ちゃんに謝りなさい。

 

強い口調で注意した。  そのせいか、長男は泣いてしまう。  

 

でも私は注意を止めない。

 

泣いてもダメだよ。  きちんとごめんなさいしなさい。

 

泣き続ける長男。

 

私は謝らない彼を真っ暗な部屋に連れていった。  

 

ごめんなさい出来ないなら、ずっとそこで1人でいときなさい。

 

そう言ってドアを閉めた。

 

3分ほど部屋で泣いた。  そして部屋から出てきて長女に謝罪した。

 

一件落着。 と思いたいが、叱り方ってこれでいいのかな?  私の注意は彼に伝わっているのか?

 

1才8カ月の長男、最近やんちゃ坊主に磨きがかかっている。  どうかひとの嫌がることはしない優しい子に育ってくれ〜い。(ライス風)