読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

P山の育児休暇

男性の育児休暇の日々

妻とのささいな闘い

長女と長男の洋服を買いに行った。

妻いわく、成長したため、今ある服のサイズが合わないそうだ。

 

洋服選びは私の出る幕ではない。

妻が買い物に集中できるように、私は次女の面倒を見ながら店内をぶらつく。

 

店内は退屈だった。 洋服など全く興味がないので、時間を潰すのは本当に苦痛だった。 そして妻の洋服選びの時間は本当に長い。 娘を抱っこしている腕はもはや感覚がない。 歩き過ぎて足も攣りそうだ。

 

買い物開始から30分くらい経ち、私は妻のところへ行き、物申そうとした、もう帰ろうよと。

 

妻はま〜だ洋服選びの途中だった。 このノロマが!

 

何を探しているの?と聞くと、

 

「今90センチの服を着させてるんだけど、もう小さいから95センチのやつ探しているの。」 

 

この言葉に、私の堪忍袋の緒が切れた。

 

私は中学生の頃、3年間で30センチ以上も身長が伸びた。 しかし、制服を買い換えることなどしなかったぞ! 

大きめのサイズを購入したのだ。 成長してサイズが小さくなっても、我慢して大事に卒業まで着ていたんだ。

 

90センチから95センチに成長だと! 

30センチ成長した私が買い換えなかったのだから、5センチの成長など話にならない。 ふざけるな。 服もタダじゃないのだから。 節約しなさい。と思いを伝える。

 

妻の顔が怒りの表情へと変わる。 眼には殺気が込められている…

 

「で、でもやっぱり必要なものなら買うべきだよね。」

 

夫としての寛大な心を十分にアピールし、私は妻から離れ、また店内をぶらつくことにした。